金正男はいい人だったという噂!本当なの?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

恐らく北朝鮮最高指導者の指示であるのは間違いないのでしょうが
白昼堂々とスパイ映画もどきの犯行が行われたのは記憶に新しい。

2017年2月13日に起きたこの事件。

殺害された金正恩氏の異母兄弟金正男氏は物腰が柔らかく温厚な
親日派の『いい人』として様々なエピソードがメディアで紹介
されています。

確かに、外見を見る限りでは人懐っこい雰囲気ですね。
金正恩氏とは似ても似つかない。

だから余計に私達が抱く北朝鮮の冷たいイメージが感じられません。

日本に何回も来日し、新橋の居酒屋でサラリーマンたちと酒を飲んだり
韓国クラブでカラオケに昂じる姿は世間一般の男と何ら代わりはあり
ませんね。

そして、東日本大震災の時はパニックにならずにお互いが助け合う
日本人の姿に感動した、というツイートをしています。

そんな金正男氏のいい人エピソードを調べてみました。

金正男氏のいい人エピソード

金正男その2.png

報道を見る限りでは、金正男氏は他の北朝鮮金一家にとはおよそ
にても似つかないむしろ温厚で平和を愛する人物に映ってきます。

金正男氏と極親しい日本人男性はビジネスを通じて知り合った感想
を「北朝鮮が良くなって欲しいと祖国を気にかける男だった」と
述べています。

さらに、金正男氏のいい人感を以下のように述べています。

男性は金正男氏の印象について


「印象としては非常にソフトな感じですよね。話をしやすいタイプ。冗談もよく言いますし。
笑顔も人懐っこい、かわいい感じですよ。非常に礼儀正しいです。
威張ったようなところが全然感じられない人です」と話す。

「特に食事をする時、ワインが好きなんですけど、ワインを傾けながら自分が体験した
話を含めて色々な話をします。お寿司も好きでしたし、中華もよく食べました。
人々に対して気を遣いながら、生活していたんですけどね、彼と接して嫌な感じを受けた
人はほとんどいないと思う。権力者という感じは全然なかったです。
いち友人として非常に尊敬できる人でしたよって伝えたくて、(この)インタビューを受けている」と、
その人となりを語った。

引用元:Abema Times

あの、金正恩氏と比べると真逆ですね。

特に新橋の居酒屋でサラリーマンと酒を飲んだ時は本当に
幸せだったと語っていました。

北朝鮮という国民の自由を束縛している国の最高権力者の息子として
生まれたが、権力抗争にいたたまれなくなり自由奔放に行動してきたが
それが逆にいつ暗殺されるかも知れない不安に苛まされていた金正男氏
にとって、日本のサラリーマンと酒を飲み交わした一時は生涯にわたり
特別なものだったんでしょう。

金正男氏は東日本大震災を気遣っていた

2011年に東日本を襲った未曾有の大災害のときも彼は日本人の事を
気にかけていたようです。

スポンサードリンク

東日本大震災に冷静に対応する日本人の姿に感動した事、復興を願う
メッセージをツイートしたことがあったそうです。

父親であった金正日総書記も日本の文化が好きだった事は有名ですが
その長男である金正男氏も同じく日本が好きだったことが伺えます。

そんな日本好きの金正男氏は記録に残っているだけで我が国に5回ほど
訪れているそうです。

いく先は、熱海の温泉であったり赤坂の韓国クラブ、新橋のおでん屋、
新宿の焼き肉屋等など。

私が一番記憶に残っているのは、2001年に東京ディズニーランドに行こう
思って不法入国したした時です。

この時は強制国外退去になりましたが、入管の取り調べの際には
「ディズニーランドに行きたかった」と日本語で話したエピソードもあり
キャラクター的にもなんか憎めない人でしたね。

金正男強制退去.png

金正男氏は平和を願っていたのか?

最高権力者の地位を手に入れた金正恩氏と違って、金正男氏が間逆な性格で
あることは以下の動画でもよく表れています。

これはマカオでのインタビューですが、何処にでもいる普通のおじさんと
言う感じですね(*^^*)

あの北朝鮮の指導者一家の一人というイメージからはほど遠いです。

以前より現北朝鮮体制を批判していたことで、金正恩氏の怒りを買ったというこ
とで暗殺されてしまいましたが、本人はまさか弟に殺されるとは思ってもいな
かったでしょうね。

はたして、金正男氏は暗殺されるほどに危険な人物だったのでしょうか?

決定的だったのは「権力の世襲は時代遅れ」と述べてしまったことでしょう。

これが金正恩氏の怒りに拍車をかけてしまったんですね。

過去にハンガリーや平壌でも襲撃された事実があり、そのためか
自分と家族を含めた助命嘆願書まで出していたのですが、それも反故に
されました。

金正恩氏の怒りは収まらなかったんですね。

結果最悪の事態になってしまいました。

世界から批判を浴びることをものともしない北朝鮮。

今回の事件も韓国側が仕掛けたものなんて言い訳をするんでしょうか?

北朝鮮の崩壊は意外と早いかも知れませんね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

生涯現役・万年青年の私がブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまでの情報を発信していきます。 その過程として日々の気になる情報を発信していきます。