Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kingston50/infosyuchan.com/public_html/wp-content/plugins/similar-posts/similar-posts.php on line 557

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kingston50/infosyuchan.com/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
金正恩ミサイル発射?どうなる日本ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで | ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

金正恩ミサイル発射?どうなる日本

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

相変わらずトランプ大統領と北朝鮮の口合戦は続いていますが
北朝鮮最高指導者金正恩のグアムへのミサイル発射計画は
どうなっているんでしょうか?

すでにアメリカとの修復回復は望むべきものはありませんが
現実問題として、北朝鮮のやることは予測がつきません。

しかし、北朝鮮とアメリカとの技術力を比較すればわかりますが
仮にグアムへ向けてミサイルが発射されてもグアムでのミサイル
迎撃率は90%以上と言われています。

グアム自体の安全性は極めて高いと言われます。

しかし、グアムと見せかけてもし日本ヘ向けて発射されたら
果たして迎撃すら出来るのでしょうか?

我が国日本の防衛力はどうなっているんでしょうか?

教えてください稲田元防衛相様(*^^*)

アメリカ軍の防衛力は半端じゃないよ

仮にグアムヘ向けて北朝鮮の金正恩がミサイル発射の
ボタンを押してもグアムでの迎撃率は90%以上と言われている。

イージス艦と『THAAD(高高度迎撃ミサイルシステム)』により
それは可能と言われます。

今のところ北朝鮮によると狙いはグアム本国ではなくグアム沖
30~40キロ地点の了解ギリギリの場所。所謂「接続水域」と
呼ばれる場所。

北朝鮮による挑発行為とも受け取れますが、地点を明確に
してきたことで実行性は極めて高いと思われます(ヤレヤレ・・・・

しかし、アメリカ軍によって配備されるイージス艦には
『SM3(海上配備型迎撃ミサイル)』が装備されており、これ
だけでも迎撃率90%以上と言われます。

さらに地上には、『THAAD(高高度迎撃ミサイルシステム)』が
配備されているのでこの2つの防衛力を持っていることで迎撃率
90%は極めて可能性の高い数値と言われます。

因みに『THAAD(高高度迎撃ミサイルシステム)』は我が国に
配備されている『PAC3(地上配備型迎撃ミサイル)』よりも
高性能と言われています。

北朝鮮から発射されると言われているのは『火星12』と言われる
大陸弾横断ミサイルですが、グアムよりもむしろ火星にでも
飛ばして欲しいぐらいです。

現実問題として、もし北朝鮮が火星12を発射したとしてもアメリカ
領海内に落ちなければ果たして迎撃するのでしょうか?

要は個別的自衛権をアメリカが発動するかどうかです。

さすがのトランプ氏もそこまではやらないだろう、
というのが専門家の見方です。

スポンサードリンク

グアムと見せかけて日本へ発射されたら・・・

問題はグアムと見せかけて日本ヘ発射されたらという最悪の場合です。

北朝鮮からグアムまでは約3400キロです。
時間でいうと約18分と言われます。

そこまで北朝鮮の技術力が進歩しているかが疑問です。
でも日本へは約4分で着弾可能です。

火星12のテストとしてはグアム沖に発射することはありえますが
そこまで挑発行為を果たしてやるかどうか。

しかし、アメリカを相手にするのは危険と判断して我が日本へ
向けて発射した場合。

この場合我が国に配備されている『PAC3(地上配備型迎撃ミサイル)』
で果たして迎撃出来るのか?です。

さらに、『集団的自衛権』を発動してそのミサイルを迎撃する
かどうかです。

すでに、金正恩はアメリカへ向けてのミサイル発射はしばらく
見送ると表明しているから尚更です。

だったら、日本でもいいかぁ~なんて気持ちでボタン押されたら
溜まったもんではありません。

恐らく裏でアメリカと北朝鮮での何らかの取引(ネゴシエーション)
があるのかも知れません。

ここでも我が国は置いてきぼりです。

外交力の違いですね。

余談ですが、河野太郎外相は余程の寒がりなんででしょうか。
フィリピンでもスーツの下にセーター着用してましたから(*^^*)

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

生涯現役・万年青年の私がブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまでの情報を発信していきます。 その過程として日々の気になる情報を発信していきます。