舛添都知事、政治資金規制法違反の疑い濃厚…

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

公用車の私物化問題で世間を騒がせている舛添都知事、
今度は政治資金規制法違反の疑いが浮上。

まぁ~
金に纏わる問題がこの人の周りには何かとやり玉に
上がりますが、そろそろ化けの皮が剥がれてきそうな
感じですね。

今回も文春スクープ!

舛添の三つの政治団体「グローバルネットワーク研究会」
「新党改革比例区第四支部」 「泰山会」の政治資金収支報告書
(2012年~2014年)を「週刊文春」特別取材班が精査した結果
政治資金規制法違反の疑いが浮上した。

疑惑の発端

疑惑の対象となったのは「グローバルネットワーク研究会」
の収支報告書。

2013年1月3日に、千葉県木更津市のホテル「龍宮城スパホテル三日月」
における「会議費用」の237,555円。
翌年の1月2日にも同じく「会議費用」として133,345円を計上。
あわせて371,100円。

だれでも疑問に思うのが、一体正月の三が日にどんな「会議」
を行ったのか?

しかも、温泉リゾート地でです。

ホテル関係者の証言によると
「二回とも、会議は行われていません。
舛添さんはお子さんを連れて、ご家族でご利用に
なりました。いずれの年もグレードの高い部屋に
宿泊されたと思います」

この舛添って奴、血税はすべて自分のものに流用して
るとしか思えません。

そして、質問すればいつも決まった答
「すべて法的に適切に処理しています」

アホかぁ!!

もしかして、家族会議が開かれていたかも知れませんが…

虚偽報告の疑いも

政治資金とは、だれでもが知ってるように、国民の血税である
政党助成金が含まれています。

もしこの証言が事実であれば、舛添は自身の家族旅行の費用を
血税で支払い、かつ「会議費用」として虚偽の記載をしていた
ことになる。

この件を当の本人である舛添に質問したらかえってきた答えが
先ほどの
「すべて法的に適切に処理しています」ただった。

スポンサードリンク

ウソも方便。

政治資金規正法に詳しい上脇博之・神戸学院大学教授によると

「収支報告書に会議費用として計上しておきながら
内実が単なる家族旅行だとすれば、政治資金規正法の虚偽記載
に問われる可能性が極めて高い。
しかも、繰り返し同じ虚偽記載がなされており、会計責任者の
単純ミスではなく舛添本人による意図的なものと考えざるを
得ません」

まとめ

先日公用車の問題でやり玉に上げられたばかりの舛添都知事。

さすがに、これはマズいと思ったのか湯河原詣でへの公用車の
私用は控えるらしいが、これだって後ろめたい気持ちがあるからでしょ!

そして、今度の文春砲!!

政治資金規正法違反の疑い。

疑いではなく、政治資金規正法違反そのものでしょ!!

政治資金規正法の虚偽記載の公訴時効は5年で、
「5年以下の禁固または100万円以下の罰金に問われる可能性があり、
最悪のケースでは公民権停止もありうるという」(同前)

あれこれ屁理屈並べないで速やかに退陣すれば、問題が広がらずに
すむと思いますが。

なんと言っても、金に纏わる問題が多い人ですからね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

生涯現役・万年青年の私がブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまでの情報を発信していきます。 その過程として日々の気になる情報を発信していきます。