腰痛・膝痛の悩み!中高年になると

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

中高年といえば、腰痛・膝痛に悩まされていらっしゃる方も多いことでしょう。

私も例外ではありません。

そんな中、腰痛・膝痛改善策として飲むヒアルロン酸や、健康食品など
症状を緩和するアイテムがCMや、テレビショッピングでも頻繁に紹介されています。

ただ価格も決して安くはありません。

つらい腰の痛みの症状で中高年に多いのは、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)です。

ぎっくり腰は、突然激しい腰の痛みが襲いますが、特にこの年代では重いものを持ち上げた瞬間に起きることが多いですので、重いものを持ち上げる際には上半身と腕だけを使って物を持たないようにしたほうが得策です。

一度しゃがみこんでから持つようにしましょう。

次に、椎間板ヘルニアと変形性脊椎症ですが、この2つの症状のキーワードは
「加齢」です。

スポンサードリンク

椎間板の変形や弾力性の減少は老化によるものです。

ヘルニアは、クッションの役割である椎間板の変形で神経を圧迫し、激しい腰の痛みや下肢の痺れを発症させるものです。
すべきですね。

変形性脊椎症は、椎間板の老化により椎骨(ついこつ)という背骨を形成する骨に余分な力が加わることによって、骨の異形成が出来るものです。

この出っぱりや棘の様なものが神経を刺激したり、脊椎の自由な動きを妨げたりします。
その症例により、異なる病名として診断されます。

中高年は、日頃の動作には注意を払いましょう。
普段の何気ない動作に危険が潜んでいます。

また、適度な運動をして筋力をつけ、肥満を回避することが重要です。

簡単にできるのはストレッチです。

やはり、カラダを伸ばすのは健康には欠かせないもので。

高い健康食品より毎日続けた軽い運動が効果を発揮することもあります。

身体を冷やさないように工夫することも大切です。

これなんか手軽に始められますね!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

生涯現役・万年青年の私がブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまでの情報を発信していきます。 その過程として日々の気になる情報を発信していきます。