石原さとみ!創価学会無視のCM出演..ヤバイぞ!!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

石原さとみといえば、創価学会員で知られていますね。

なんせ創価高校の出身で、本名は創価学会の池田大作
名誉会長が名付けたという噂まででるほど。

そんな石原さとみ出演のCMとは、東京メトロ(東京地下鉄)
のCM放送用のモニターに流れるもの。

CM出演者が丸ノ内線、銀座線、有楽町線をはじめ様々な路線の駅に
降り立ち、その周辺の名物を食し、名所を尋ねるというもの。

先日までは2013年から3年間堀北真希が「ぶらりメトロ旅」の
イメージキャラクターを務めてきたが、今年4月から石原さとみ
にバトンタッチ。

石原さとみのCMとは

現在放送されているのはCM第一弾。

石原さとみCMその2.jpg

石原さとみCMその3.jpg

東西線の門前仲町駅周辺を訪れた石原が、カメラ目線で
話しかけるという設定で始まる。

あるときは公園でバードウオッチングに挑戦し、またある時は
地元の飲み屋街の立ち飲み屋で、焼き鳥や煮込みに舌鼓。

これが、出勤途中のサラリーマンにすこぶる評判がいいという。

これから仕事という憂鬱な朝の8時台にこのCMが流れるという
東京メトロの作戦も功を奏した。

問題のCMとは

さて、このCMのどこご違和感があるのか?

普通の人だったら何も違和感なく楽しめるはず。

ところが学会員は違うんですね。
ちょっとでも宗教臭いシーンが流れると違和感感じるんですね。

流石、他の宗教を邪教というだけある。

スポンサードリンク

問題のシーンは、石原が門前仲町の名物であるアサリを使った
「深川めし」の名店を訪れた石原が、夢中になって口に運ぶ
というバージョン。

実はこの店の場所に学会関係者は異論を唱えた分けです。

何故ならこのお店は門前仲町の有名な神社の境内にあるから。

なんせ、学会員たるもの、その宗教上の意味合いから
『鳥居をくぐってはならない、神社でお守りをもらっては
ならない』というのが常識であるから。

熱心な学会員の方からみると、石原さんがこうしたCMに出演
すること自体がタブーと映るのでしょう。

普通の人からすれば、ヤレヤレですね。

まとめ

石原さんがこうした東京メトロのCMに出演したことで
芸能部のトップにあたる学会員の某芸人にいじめられ
なければいいのですが。

なんせ、この◯本さんといえば、彼女にすこしでも歯向かう
素振りでも見せようものなら、芸能界から抹殺されますから。

まったく、いやな団体ですね。

最も、芸能界の80%以上が学会員かあるいは在日とも
言われていますから。

売り出すためには威光を借りるのも必須条件なんですかね?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

生涯現役・万年青年の私がブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまでの情報を発信していきます。 その過程として日々の気になる情報を発信していきます。