桂歌丸(79)!笑点引退!後任はだれ?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

落語家の桂歌丸が司会を務める日本テレビ系人気長寿番組
『笑点』での司会を引退。

これは、30日に後楽園ホールで行われた
『笑点50周年記念スペシャル』の収録に参加。
(放映5月15日、午後5時)

その際、
「来週(5月22日)の放送を最後に大喜利の司会を
やめさせていただきたいと思っております」
と勇退を宣言。

歌丸後任はだれ

現在歌丸の後任は検討中。

勇退後、歌丸は終身名誉司会に就任。

笑点の直前に放送されている5分番組の「もう笑点」
には出演する。
(毎日曜日、午後5:25)

後任の司会には、大喜利メンバーから選出される予定。

満50周年の長寿番組

「笑点」といえば、今年5月15日で満50周年を迎える。

歌丸は第1回目から参加している唯一の出演者。

しかし、昨年6月に腸閉塞で2ヶ月間程入院。
現在も普段の移動には車椅子と体調は万全ではない。

そんな中、22日に行われたNHKの番組収録で「笑点」出演に
関して

「内緒ですがね、そろそろ考えないと行けない時期では
と思っています」

などど引退をほのめかすコメントをし、発言の真意が
注目されていた。

収録の最後に5月22日の生放送であることを報告した上で

「来週の放送を最後に大喜利の司会をやめさせていただきたい
と思っております」
と切り出し
「若い方々に譲らなければ良くは続きません。
50年間、いろんなことがありました。最後の大喜利、
生放送を一生懸命務めさせていただきます」

と司会引退を宣言した。

まとめ

50年間もの間出演してた歌丸も79歳!
司会という重責に体力もさぞ消費したでしょう。

スポンサードリンク

会見では
「あっという間に50年が過ぎました。いろいろなことが
ありました。笑点全部が1番の思い出です。番組自体が
よくもったと感心しております」
としみじみと語り、引退については
「体力の限界なんです」とキッパリ。
「歩くことが大変に苦しい。歩くと、肺気腫を患って
息切れしてしまう。これ以上続けていくと、今までだって
ずいぶんスタッフさんにご迷惑をお掛けしていますが、
これ以上の迷惑はかけてはいけない」
と経緯を説明した。

昨年秋に日本テレビ側に司会引退を申し入れたといい
「正直寂しいです。50年間、しゃかりきになってやってきた
番組。この『笑点』で名前と顔を全国的に売りだして
くださった。でも、踏ん切りをつけないと席を譲る
ことができない。席を譲りました」と話した。

毎週「笑点」を楽しみにしていた私はじめ
ファンの方々はさぞかし寂しい思いをしてることでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

生涯現役・万年青年の私がブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまでの情報を発信していきます。 その過程として日々の気になる情報を発信していきます。