桂文枝の誓約書の法的効力は??

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

今回は写真週刊誌フライデーのスクープ
(スクープって言って良いか分からないが)

それが、愛人誓約書!

「中江様以外他の女性とはお付き合い致しません

遊びもなし 電話もなし

河村静也」

分枝の東京での常宿であるニューオータニにて
書かれたようです。

桂文枝の本名=河村静也
紫艶の本名=中江

しかも、用紙がニューオータニのメモ用紙。
もしこれが、彼女自身が分枝に欠かせたものであれば
強かさが伺えますよね。
だって、彼女当時まだ18歳でしょ!

まさか、20年後のこと想像してたわけじゃあるまいし。
それとも、分枝が18歳の相手を喜ばせようとして書いたんですかね?

それにしても、今日まで「愛人誓約書」なるものを持って
いたのもすごいですね。

スポンサードリンク

因みにこの誓約書なるものには印鑑押印とかなさそうなので
法的効力は恐らく無いといえるでしょうが。

芸能人の不倫騒動ってのは、マスコミや週刊誌の格好の
エサですが、憶測の粋を出ないというのが毎度のこと。

真相は当事者のみ知り得ることでしょうが
視聴率や発行部数が伸びればそれでいいのかも(^o^)

桂分枝よ!
どこに惚れたんだぁ~~

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

生涯現役・万年青年の私がブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまでの情報を発信していきます。 その過程として日々の気になる情報を発信していきます。