朝ドラ「あさが来た」!クランクアップ!!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

NHKの連続テレビ小説「あさが来た」の撮影が
5日に終了。

主人公「白岡あさ」を演じた波瑠さんはじめ
宮崎あおいさん、玉木宏さんらが共演者やスタッフに
感謝の言葉を述べた。

主人公を演じた波瑠さんは感極まって涙にむせび
「終ったという実感は無いけど、涙がこみ上げてきて
…..」と語った。

10ヶ月に及ぶ撮影を振り返り
「こんなにたくさんのセリフと格闘したことはなかった」
とも語った。

今でこそ朝ドラの顔となった波瑠さんですが
なんと”オーディション200連敗”という信じられない
過去もあるんです。

しかも朝ドラオーディションは「てっぱん」「純と愛」「あまちゃん」
と3回落ちてるんです(^o^)
今回が4度目の正直で腫れて合格!
2,500人以上の応募者の中からヒロインの座を射止めた。

波瑠さんはこう語ってます。
「若手と言われる女優の枠の中にいて、この先、成長していく上で、ここ(朝ドラヒロインという道)を通って行きたいと思った。オーディションで負け続けた悔しさで、今度こそという気持ちは強くなっていった気がします」。

またインタビューではこうも語っています。
―過去に3回、朝ドラヒロインのオーディションに落ちたそうですけど、それで力が入ったんですかね?

波瑠 それはないです。普段と同じように真摯(しんし)に臨んだだけです。ただ、昔に比べてオーディションを受ける機会自体が極端に減ったので、初心に戻るというか、気持ちは引き締まっていました。

スポンサードリンク

―タレントになった当時はどれくらい受けていたんですか?

波瑠 毎日受けていました。200連敗くらいしたんじゃないかな。

―えっ! 200連敗? それは心が折れたりしませんでした?

波瑠 しないです。元々、お芝居の経験もなかったから自分に自信なんてなかったですし、落ちて当然だと思っていたので。ただ、中途半端にやって落ちるのは悔いが残るから、昔も今もがむしゃらにベストを尽くすことだけは心がけています。

以外に芯の強い女優さんですね。
いつもベストを尽くそうと全力の波瑠さん。
めちゃカッコいい!!

普通モデル出身と聞くと『演技は下手』という
イメージがありますが、波瑠さんには当てはまりません。

以前より演技力には定評があったようで、
以下のように沢山の作品に出演していたのが
それを裏付けています。

14才の母 – 上田はる 役
新参者 第4話 – 沢村香苗 役
スイッチガール!! – 城ヶ崎麗香 役
リーガル・ハイ 第1話 – 島村智子 役
救命病棟24時 第5シリーズ – 国友花音 役
金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件 – 濱秋子 役
ごめんね青春!- 蜂矢祐子 役
フラガールと犬のチョコ – 竹沢かすみ 役
(出典:波留 Wikipedia)

今後の活躍に目が離せませんね!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

生涯現役・万年青年の私がブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまでの情報を発信していきます。 その過程として日々の気になる情報を発信していきます。