日本レコ大新人賞!買収劇があからさま!!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

もとより日本レコード大賞や紅白歌合戦に全く興味が無い
私ですが、聞くところによるとあからさまな買収劇が繰り広げ
られているそうですね。

NHKの歌合戦はこれと言ってヒット曲がない歌手が常連だし
あ、和田アキ子様にとってはご愁傷様ですが。

それに年末恒例のレコ大賞も今や知ってる歌手なんかいない有様。
いまさらレコ大賞といっても全く興味が無いのですが、これら賞
という名のつくものが買収によって成り立っていたとしたらこれは
問題ですね。

所謂出来レースというやつですね。

そして、昨年のレコ大賞の最優秀新人賞が寄りによって韓国の
「iKON」というグループが選ばれたことが話題となっています。

一体この「iKON」って言うグループだれ?

私を始めとして知らない方がさぞかし多いかと思います。

そこで、ちょいとレコ大賞の舞台裏を調べたりしました(*^^*)

iKONのレコ大賞新人賞が買収だって

TBSの『第58回 輝く!日本レコード大賞』の最優秀新人賞ikonという韓国のグループが
選ばれた事を受けて、ネット上では「何故韓国のグループが?」「ikonって誰?」
「曲なんか聞いたことが無い」といった書き込みで騒然としています。

それ以前にも三代目J Soul Brothersのレコ大買収問題が文春によって
すっぱ抜かれたばかりで、今回は新人賞です!

しかも、わざわざ韓国のグループにですよ!

因みに今回のレコ大賞にノミネートされていた面々をご紹介します

・ikon
・林部智史
・羽山みずき
・BOYS AND MEN

ヤバイ!

全く知らんがなぁ~
と思った貴方

それが正常ですよ!

しかし、問題は何故韓国のグループが新人賞を受賞したのか!
ということ。

純粋な日本人として非常に興味がありますね。

だって名前が『日本レコード大賞』ですよ!

仮に百歩譲って『韓国レコード大賞』にですよ日本人が受賞
されたら韓国人は屈辱モノでしょう。

まぁ~黙ってはいないでしょう。

暇な劣等民族ですから暴動が起きるでしょう。
稲田防衛相の靖国参拝や慰安婦問題と絡めて・・・・

おいおい、お前のところの大統領の心配しろよ!
ってつこみ入れたくなりますが。

しかし、音楽業界にも韓国のグループを突っ込んで来るところなんぞ
日本もなめられたもんです。

これも電通をはじめとした在日パワーのせいですね。

ここまでして日本レコード大賞なんてやる意味何処にあるの?
むりしてテレビでやる意味なんか無いし、ましてや韓国のグループ
なんか放映する意味ないし。

いい加減にしろ~~!

スポンサードリンク

買収だって言われて反撃もできないだろ~!

ikonってそもそもだれ?(*^^*)

西野カナは知っててもikonって一体なにもの?
全くと言って聞いたことありませんよ!

そこで調べて見ましたよ。

ikonその1.png

・2016年1月に日本デビュー
・韓国の男性7人組グループ
・「DUMB&DUMBER」がユーチューブで1500万回
再生された。
・2016年2月に武道館ライブを実施。日本デビュー1ヶ月目で
武道館ライブを実施したのは海外アーティスト史上最速だって。
・因みに同じ事務所所属の先輩BIGBANGですら4ヶ月かかった。

ちなみに、正式名称は「アイコン」だって!
読み方によっちゃ「遺恨」とも読めるが。

もしかして朴の刺客か\(^o^)/

私的には「ピコ太郎」に1票入れますが(*^^*)

未だ韓流人気が続いているの?
韓国人は自国で頑張ってくださいって~の!

レコ対象に何故韓国が?

これ誰でも普通に思いますよね。
正常な考えの持ち主だったら。

2016年度のレコード大賞は西野カナが選ばれました。
受賞曲は「あなたの好きなところ」。

世間の知名度も高く、これまでの彼女のセールスを考えても
至極真っ当ですね。

一方のikon

何やこれ!

って思うのが正常な神経の持ち主。

意味わからんぞ!

日本の音楽界も死に体ですぞ!

何故韓国人を新人アーティストとして売り出すのかわからん!

だからネット上でも非難爆発してるんです。

ネット炎上.jpg

でもね、所詮日本のマスゴミやテレビ業界は在日パワーと学会が
握っているんですよ。

一体いくらのお金が流れたんでしょうかね!

こんなん買う人おるの?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

生涯現役・万年青年の私がブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまでの情報を発信していきます。 その過程として日々の気になる情報を発信していきます。