市立浅井中学校での相良人司イジメの構図!画像あり!!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

また腹ただしい事件が起きてしまいました。
ニュースで繰り返し報道されていますが、
2017年2月6日に事件は起きました。

愛知県一宮市の市立浅井中学校に通う中学3年の男子生徒が
大阪中心街にあるグランフロント大阪の7階から飛び降り自殺
を図り死亡しました。

自殺した男子生徒は「担任に私の人生を壊された」などと記した
メモを残していた。

このことから、担任の先生によるイジメがあったのでは
ないかとの疑いが持たれていました。

そして、この男子生徒が通っていた一宮市立浅井中学校は
12日の夜、臨時のPTA総会を開き重大発表をしました。

愛知の中学男子生徒の投身自殺

繰り返しになりますが、2017年2月6日、愛知県一宮市の
市立浅井中学校に通う中学3年男子生徒が大阪市にある
『グランフロント大阪』7階より飛び降り自殺を図った。

この日男子生徒は普段通りに学校へ登校した後、大阪へ
向かったとのこと。

そして、6日午後11時頃事件は起きました。

商業施設『グランフロント大阪』7階から飛び降りたと
見られています。

この事件を受けて愛知県一宮市教育委員会は、当初この
転落死について「原因が分からない」と応えていましたが
飛び降りた男子生徒が担任に対する恨みのような内容の
メッセージをメモに残していたことから、イジメによる
自殺の可能性があるとして問題となっていました。

市の教育委員会は学校からのイジメの報告は受けていないと
答えていましたが、男子生徒が残したメモから考えれば
イジメではないと判断できるのでしょうか?

そして、2017年2月12日夜、死亡した男子生徒が通っていた
市立浅井小学校で臨時のPTA総会が開かれ、学校側は
『担任によるイジメがあった』と説明しました。

ここまではニューズにより多くの方がこの学校の校長
の会見を見てイジメが会ったんだ!と理解したはず。

多くの方がやはりと思ったはずです。

臨時PTA総会に出席した保護者も、学校側の担任による
イジメを認識していたと聴こえたと話しています。

学校側は一転してイジメを否定!

ところが13日学校側は一転してイジメが会った事を否定!

一宮市役所での記者会見で校長の上田隆司は

「学校は不適切な対応だったと思っているが、
PTA総会では保護者の意向を汲み取ってその表現
をしました」

なんだぁ!

この校長は!

一体この学校はどうなっているんでしょうか!
この私でさえ強い憤りを覚えます。

担任の先生に精神的に追い詰められ、最終的に自殺にまで
追いやった事実はイジメが原因ではなかったのか?

スポンサードリンク

こういう事件が起きた際、何故当事者である担任が会見に
出席しないのでしょうか?

校長の話によると、指導面で不適切な対応があったとのこと。
この一言でこの問題を片付けようとする学校側の対応は
教育に携わる人間として許されるのでしょうか?

自殺した男子生徒のご両親が話していた通り、校長が一転して
イジメの事実を否定したのは裏で何かの力が働いたんでしょう。

前途有望な男子生徒の命を奪った担任は「相良人司(さがらしんじ)」
なる者。

こんな教師のおかげで、精神的に追い詰められ自殺に至った
男子生徒が可哀想でなりません。

浅井中学校校長イジメ発言撤回の真実

舌の根も乾かぬうちに発言を撤回するなんて、この校長の
頭の中どうなってるんでしょう。

亡くなった男子生徒の両親に対して失礼だとは思わないのでしょうか?

結局学校の体裁だけを守ろうとする学校の体質。

この校長も責任をすべて担任であった「相良人司(さがらしんじ)」
一人に押し付けるんでしょうネ。

とてもじゃないが、自分の子供をこんな学校や教師に教育を
お願いする気にはさらさらなりませんよね。

そして、教育委員会。

遺族や生徒は学校に改善をずっとお願いしていたにも関わらず
愛知県一宮市教育委員会は「生徒が思い悩んでいた事に
気づかなかった」だと。

教育委員会なんて自分たちの非は絶対に認めないから
今回の件も「教師のイジメは無かった」で結論付けるんでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

生涯現役・万年青年の私がブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまでの情報を発信していきます。 その過程として日々の気になる情報を発信していきます。