小林麻央の余命がヤバイ!入院先の病院が….

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

フリーアナウンサーの小林麻央(33)が乳がんで闘病中
であるが、夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が、麻央
の入院先へ11日見舞ったことをブログで報告した。

海老蔵のブログ.jpg

市川海老蔵ブログ
http://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/entry-12169482980.html

午前8時過ぎに「これから皆んなで』のタイトルで更新。

長女の麗禾(れいか)ちゃん(4)と長男の勸玄(かんげん)くん(3)
を連れて病室を訪れたと推測される。

コメント欄には麻央夫人や海老蔵を励ますコメントが多数寄せられている。

夜には「私は眠ります。勸玄と一緒に 麗禾はまだまだ元気です笑 
明日は一日家で勉強に時をあてていこうと思います」と子どもたちとの日常をつづっている。

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160612-00000058-sph-ent

入院先の病院は?

入院先の病院ですが、海老蔵さんのブログから察するに
「東大医学部付属病院」の可能性が高いですね。

6月9日のブログで、子供を連れて築地の鮨屋で朝食を
食べたことが書かれています。

このことから推測すると、「国立がん研究センター」に
入院されている可能性も考えられますが、

海老蔵さんのブログ写真で推測するに
「東大医学部附属病院」かな。

小林麻央のがんステージは?

小林麻央さんの乳がんが発覚したのは2014年10月頃。

夫の海老蔵さんとともに人間ドックを受診した際に
乳がんが判明したそうです。

そして海老蔵さんの会見で以下のことも判明。

”手術はしていない。
抗癌剤治療を受けている。
少し前まで入院していた。
現在は通院治療。
ステージは言えないが深刻

深刻というと尚更気がかりですね。
乳がんのステージは大きく分けて0~4までの
5段階あります。

スポンサードリンク

ステージ0:極めて早期。乳腺の中でとどまっている
ステージ1:リンパ節には転移していない段階
ステージ2:リンパ節への転移がみられる段階
ステージ3:リンパ節への転移が有りお互いに癒着して広範囲に広がっている段階
ステージ4:様々な臓器に転移している段階。骨、肺、肝臓、脳に転移しやすい。

乳がんの治療には手術、クスリ、放射線などの方法が
あります。

麻央さんが手術をしていないということからして
手術が出来ないほど深刻な状況では無いと思いますが、

乳がんで進行性のがんというと、ステージ3以上では
ないかと思われます。

麻央さんの年齢が若いとうこともあって、女性ホルモンの
分泌量が多く、細胞自体の増殖力が強いので進行が
早いのは事実です。

乳がんの生存率とステージ
http://www.nyu-gan.jp/convalescence/

乳がんのステージ.png

まとめ

罹患率は高いが死亡率は比較的低いと言われている乳がんですが

麻央さんも通院・入院を繰り返しているのでしょうか。

自宅にマスコミが押しかけて来るのを考慮して、
いまは入院しているのでしょう。

抗癌剤治療を受けているようですが、

一日も早い復帰を願って止みません。

幼いお子さんたちに早く元気な姿を見せてください。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

生涯現役・万年青年の私がブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまでの情報を発信していきます。 その過程として日々の気になる情報を発信していきます。