取り敢えず日野皓正を叩けば良いと思ってるやつが多すぎる!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

取り敢えず日野皓正を叩けば良いと思ってるやつが多すぎる!

世界的ジャズトランペッター、日野皓正が中学生を往復ビンタ。

うん??

事件が起きたのは8月20日。

世田谷区教育委員会主催で、区が取り組む「新・才能の芽を育てる体験学習」
の一環として行われた「世田谷パブリックシアター」内での公演
「日野皓正 presents “Jazz for Kids”」での出来事。

新・才能の芽を育てる体験学習とは?

毎年、公募で区内の中学生が集められ、4ヶ月間、日野氏をはじめとし数名の
講師のもとで練習を積む。

そして、その成果を8月のコンサートで発表するというもの。
今年は、8月20日がその発表の日であった。

日野皓正氏は第1回目からこの「ドリームジャズバンド」の指導にあたっている。

この公演の目的はいいとして、当日の動画がアップされそれを観た一般人
からの非難が殺到している。

日野皓正往復ビンタ動画がこれ!

「当日の会場は定員約600人に対して略満席。
中学生の演奏が始まると、会場は大いに盛り上がりました。
アンコールの後半、ソロタイムで、舞台の隅にいた日野皓正氏が
ドラマーの男子生徒に歩みより体罰を加えました。
私を含め参加者たちは、あまりに突然のことでなにが起きているのか
理解出来ませんでした」(参加者)

「お金を払って観に行ったのに、連れて行った自分の子供があんな
暴力行為を見せられてしまった。子供から『あのおじさんは何で
子供を叩いているの?』と聞かれましたが、うまく説明出来ません
でした」

世田谷区教育委員会は「文春」の取材に以下のように文書で回答。

「コンサート修了後、日野氏から、その子供に話しかけて、子供も
了解していたとの事です。なお、教育委員会からは、今回の件につ
いて委託先の『せたがや文化財団』に、(日野氏の)行き過ぎた指導
についての対応を容貌しました」

確かに、ビデオを観る限りでは、ドラムを叩いている中学生の髪を
引っ張り回した後、往復ビンタを浴びせる日野氏の姿を確認出来る。

この画像だけ見れば、多くの人が日野氏が男子中学生に暴力を奮ってる
と感じるでしょう。

しかし、真相はどうなんでしょう?

スポンサードリンク

日野氏の対応は行き過ぎなのか?

日野氏は現在海外に渡航中ということで、事の真相は明らかにはでき
ませんが、所属事務所の担当マネージャーに真相を確かめるべく取材を
申込んだそうですが、回答は現在までになし、とのこと。

今の世の中、児童を叩けばすぐ虐待と騒ぎ立てるモンスターペアレント
が多い中日野氏の行動は行き過ぎだったのでしょうか。

私が小学性の時代には、先生が児童を叩くなんて当たり前の事。
しかも、往復ビンタされても文句いう父兄なんかいなかった。

今の子どもたちは、ゆとり教育とかなんとかでスパルタ教育
に慣れていないね。

いつも思うけど過保護と教育は違いますから。
そこを履き違えている親達が多すぎます。

まぁそれを考えてもやや行き過ぎの行動とは考えますが、
教育委員会や世田谷区長等々がでてきて大騒ぎするほどの
問題でしょうか?

しかも、叩かれた子供も了解していたというではないか。

スポーツの世界でも言うことを守らなければ、コーチ・監督が
選手を殴るのは当たり前。

ではもう一度事の顛末を再現してみましょう。

演奏終了
  ↓
何故かドラムを叩き続けるやつがいる
  ↓
日野氏がスティクを奪って放り投げ、ドラムを
叩くのをやめさせる。
  ↓
日野氏戻ろうとするも男子は手でドラムを叩き続ける
  ↓
日野氏男子の髪の毛を掴み頭を揺さぶり「帰れ」と腕をふる
周りを指し示し「みんなのことわかってるのか?」とか何とか
説教始める、観客がざわめき始める
  ↓
男子生徒それでもドラムを叩くのを辞めようとしない
  ↓
日野氏往復ビンタ
  ↓
男子生徒睨み返す
日野氏「何だその顔は」

さて悪いのはどちらでしょうか?

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

生涯現役・万年青年の私がブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまでの情報を発信していきます。 その過程として日々の気になる情報を発信していきます。