克美しげるさんがお亡くなりに….

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

克美しげるさんがお亡くなりに….

これほど波乱万丈の人生を送った方はそういないのでは?

今の若い方で「克美しげる」さんをご存知の方はいないでしょう。

1960年代の日本を代表するロック歌手。
『霧の中のジェニー』の日本語カバー曲でレコードデビュー。
テレビアニメ『エイトマン』の主題歌や
『さすらい』などのヒットにより流行歌手の仲間入。
『さすらい』は60万枚のヒット曲となる。

1965年の紅白歌合戦に出場した時までが歌手としての
彼の全盛期だった。

その後は鳴かず飛ばずの低迷期に。
ここからが彼の名を一躍有名にした事件が…
なんとか、低迷からの脱却を図ろうと音楽関係者への
営業を続けたまでは良かったが、
その当時の彼を支えたのが交際していた当時のホステスO。
奥さんがいるのを隠してOから金を無心。

1975年運良く東芝から克美しげるのカムバック企画が打ち出される。
ここでOとの不倫がバレたらスキャンダルとなる。
そして、Oを殺害(1976年)。

スポンサードリンク

当時の一大ニュースとなる。
しかし懲役10年の実刑判決を受け服役後に音楽事務所を設立。
カラオケ教室なども開いていた。

と、ここまでの経緯は私も知っています。

当時のテレビにもよく出演されていたし、
何よりアニメ『エイトマン』の歌は大流行してましたから。

その後は、覚醒剤取締法違反で逮捕。
何故か、覚醒剤に逃げるところが皆共通してますよね。

さらに4度目の結婚を繰り返したが脳梗塞に倒れる。
しかし奇跡的にカムバック。

2013年10月2日に脳出血により帰らぬ人となる。
享年75歳。

これほどまでに波乱万丈の人生を送った芸能人は
いないでしょう。
まさに因果応報という言葉がピッタリの芸能人でした。
あの田代まさしさえも及ばない。

3月4日の「爆報フライデー」でこの時の
殺人事件について紹介されている。

でも何故・今なの??

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

生涯現役・万年青年の私がブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまでの情報を発信していきます。 その過程として日々の気になる情報を発信していきます。