ホンダS1000!発売間近か?画像あり….

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

ホンダが今度はスポーツタイプで1000ccの車を発売。

先にS660という軽自動車規格のスポーツカーを発売したばかり。
これは『ビート』以来、19年ぶりのスポーツカー。

だが、この規格に満足いかないユーザーを考慮してか
はたまた、時代を反映してかは定かではないが、

今度は「S660」のボディを拡大し、パフォーマンスを向上
させたグローバルモデルとしての位置づけとなる。

S1000の気になるスペック

基本的なエクステリアは「S660」の意匠を継承する可能性が
大きい。

ホンダ1000

ボディサイズは全長3500mm?全幅1590mm?前項1190mmのよう。

パワートレインは、新開発の1リットル直噴3気筒VTECターボを搭載。

最高馬力は「S660」の倍、128ps を発揮。

6足マニュアル車も当然ラインナップされるでしょう。

ワールドプレミアムは2017年内。

当然日本発売も視野に入れているでしょう。

販売価格は300万円前後という。

まとめ

私が学生時代の時、ホンダの「S800」が憧れでした。

スポンサードリンク

ホンダS800.jpg

水冷4気筒DOHC+4連キャブ。

そして4本のエキゾーストマニフォールド。

ホンダお得意の高回転・高出力で排気量791ccながら
70ps/8000rpm というずば抜けたパワーを発揮した。

この「S800」の後継車であって欲しいと思いますが
エクステリアをみるかぎりではその面影はありません。

当時の車を知る技術者が開発メンバーにいないので
それも無理なんでしょうね。

S660のデザインをどう見るかは、個々人によって違うんでしょうが

私的には?ですね。

デザインを変にいじりすぎている感がどうしても抜け切れないんです。

となると、コペンが魅力ですかねm(__)m

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

生涯現役・万年青年の私がブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまでの情報を発信していきます。 その過程として日々の気になる情報を発信していきます。