プリンスさん(57)死去、原因は麻薬の過剰摂取か?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

ミュージシャンのプリンスさんが死去されましたね。
AP通信によると21日にミネソタ州ミネアポリス郊外にある
自宅兼音楽スタジオのエレベーター内で死亡しているのが
見つかったという。

原因は病気ではなさそうですが、まだハッキリと
死因の原因は発表されていないようです。

一体彼の身に何があったんでしょうか?

プリンスの身に何が?

情報によると、プリンスさんは今月はじめ体調不良の
ためにアトランタで予定のコンサートを少なくとも1回
キャンセル。

その後アトランタでコンサートを開いた後、病院に運ばれた。
インフルエンザにかかったという情報もある。

ただ、インフルエンザだけで命に影響を及ぼすか微妙。

死因は正式には発表されてませんが、亡くなる6日前に体調を崩し、

プライベートジェット機をイリノイ州に緊急着陸させ
“セーブショット”と呼ばれる応急注射を打っていたという。

これが直接麻薬の過剰摂取の為の治療を受けていたこと
と関連があるかは現状では不明ですが、数時間後には
体調は元に戻ったという。

問題はこの“セーブショット”と呼ばれる応急注射。

これは通常、麻薬鎮痛剤として使用されるという。

ということは、麻薬の過剰摂取の疑いも否定出来ない。

プリンスさんの死は各方面で大きく取り上げられ
多くの報道局が追悼番組を放送しています。

プリンスの功績

プリンス

生年月日:1958年6月7日(57)
本名:プリンス・ロジャーズ・パーク
出身:ミネソタ州ミネアポリス
身長:158cm
職業:ミュージシャン、マルチ・インストゥルメンタリスト、
シンガーソングライター、作曲家、音楽プロデューサー、俳優。
功績:プラチナ・アルバム12作品、30曲のトップ40シングル。
   アルバム・シングルの総売上は1億2,000万枚以上。
   グラミー賞を7回、アカデミー賞を1回。 

   

プリンスさんの訃報に多くの悲しみの声が

スポンサードリンク

まとめ

デヴィッド・ボウイ ーに続いて

またしても偉大なミュージシャンが亡くなってしまいました。

真の原因がまだ不明な時点でこういうことを言うのは
不謹慎かと思いますが..

外国では多くのミュージシャンが麻薬を愛用してることは
周知の事実。

ひょっとしてプリンスも常習者だったのかも..

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

生涯現役・万年青年の私がブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまでの情報を発信していきます。 その過程として日々の気になる情報を発信していきます。