フロリダ銃乱射事件は同性愛者を狙ったテロ!ヘイトクライムとは?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

米フロリダ州のゲイが集まるナイトクラブで銃乱射事件が起きた。

過去に例を見ないこの事故!

わかった範囲だと49人が死亡、けが人53人と合わせるとその数
100人以上に上る大惨事という。

容疑者とイスラム過激派との関係は、まだ明らかにされていませんが

事件後、過激派組織「イスラム国」系のニュースサイトが

事実上の犯行声明を伝えている。

犯人の男は、人質をとりトイレに立て篭もりましたが、駆けつけた
警察側と銃撃戦になり、射殺されました。

犯人像

射殺された銃撃犯は、アメリカ国籍のオマル・マティーン容疑者(29)

事前にFBIの調査対象になっていたことも判明。

事件の最中にマティーン容疑者が自ら緊急通報ダイヤルに電話をかけ
過激派組織「イスラム国」への忠誠を誓う内容を話していたという。

ニュースを追跡してみると『ヘイトクライム』ではないかという
線もでてきている。

『ヘイトクライム』を日本語に訳すと『増悪犯罪』。

今回の銃撃犯はゲイが集まるナイトクラブを狙ったあたり
この可能性が大いにあるといえます。

過去において、銃乱射・ゲイ・死傷者数の全てにおいて
今回の事件をおいてこれほどまでに醜い事件は思いうかなばないと言う。

僅か2日前にもオーランドで女性歌手がコンサート会場で
男の凶弾に倒れたニュースがあったばかり。

アメリカでは4人以上が亡くなった、銃に関係する事件は過去
372件起こっており、475人が亡くなっています。

銃社会の悲劇の一幕になんともやるせない気持ちが一杯です。

事件の経緯

ここでもう一度今回の事件を振り返って見ます。

アメリカ・フロリダ州オーランドにあるナイトクラブで
事件はおきました。

フロリダ惨劇写真その1.jpg

フロリダ惨劇写真その2.jpg

12日の深夜2時過ぎの出来事。

犯人はこのクラブに一人で乗り込み100人位上の死傷者を
出した後、警察特殊部隊との銃撃戦の末に射殺された。

このオマル・マティーン容疑者(29)ですが事前に銃を2丁購入。
うち1丁は自動小銃だったという。

現場に居合わせた目撃者の話によると、当初は銃声が曲の効果音
だと思っていたという。

しかし、なかなか銃声が鳴り止まないなかようやくこの惨事に
気がついたという。

報道によると8分間ほど銃声が鳴り止まなかったという。

一体どんだけ弾倉を持っていたんだ!

ナイトクラブのFacebookのページには
『Everyone get out of pulse and keep running!
(店の外に出ろ!走って逃げろ!)』という書き込みがあったそうですが、これは一体誰の書き込みなんでしょう?

なんでフェイスブックで呼びかけをしたのかよくわかりませんね。

スポンサードリンク

なんでゲイを狙ったのか?

オマル・マティーン容疑者(29).jpg

これだけの死傷者を出した事件なので、テロリストの犯行かと
思いましたが、オマル・マティーン容疑者(29)はIS(イスラム過激派)
に傾倒していたようで、アメリカ政府や警察は『テロ』の可能性が
高いと見て調査を行っているそうです。

でも、普通に考えてISがゲイの集団を狙いますか?

個人的に、同性愛者を毛嫌いしていた事はわかりますが
=テロと結びつけるのがイマイチ理解出来ません。

むしろ『ヘイトクライム』(増悪犯罪)と考えるのが一般的だと
思うのですが。

一方でオマル・マティーン容疑者(29)の家族はアフガニスタン出身
とのことで、宗教上同性愛者には無理解が会ったんでしょう。

それにしても、単に狂気じみているというか次元が違いすぎ。

仮に、これがイスラム国のテロだと認定されたら、トランプ氏が
一時的にイスラム系民族の入国を禁止する公約を掲げている分
今の大統領選に追い風になると思いますが。

ただ、考えただけでもゾッとしますね。

我が国でも、先日ヘイトスピーチが禁止されデモが中止になリましたが
いくらなんでもここまで過激にはならないでしょう。

民族の違いもありますが。

ヘイトクライム

この種の犯罪が生まれた背景には、アメリカでの白人至上主義
による黒人への差別行為やゲイ・同性愛者に対する偏見が
根付いているのかも知れませんね。

これがエスカレートすると、ある対象に向かって異常なまでの
偏見や怒り、憎しみが引き起こされるんでしょう。

アメリカの抱える問題の一つでもありますね。

我が国でこの『ヘイトクライム』が起きないのは自由主義の中で
価値観の統一化がうまく図られているからなんでしょう。

単一民族であるからかも知れません。

オーランドと言えば昔から治安の悪いところで有名で

特にヒスパニック系が人口が多くを占めているので

普段から物騒な場所であることは私も行って見てわかりました。

夜はとても一人で歩ける場所ではありません。

今回の事件、トランプ氏にとって追い風になるんでしょうか??

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

生涯現役・万年青年の私がブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまでの情報を発信していきます。 その過程として日々の気になる情報を発信していきます。