パナマ文書の日本人・日本企業まとめ、タックスヘイブン利用ミエミエ!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

世界各国の首脳や富裕層の隠れた資産運用を明らかにした
「パナマ文書」の問題で、各国の記者で創る団体は日本時間の
10日朝、文書に記載されていた20万社を超える法人や関わりが
あると見られる個人の名前を公表しました。

その中で日本人と見られる名前もあり、専門家は租税回避地
いわゆるタックスヘイブンの利用の実態を明らかにする情報
と指摘しています。

そもそもパナマ文書とは?

パナマ文書1.png

パナマ文書2.png

パナマ文書3.jpg

パナマ文書4.jpg

パナマ文書とは中米のパナマにある法律事務所「モサック・
フォンセカ」から流失した膨大な内部情報。

今回の公表で、この法律事務所が去年までにタックスヘイブンとされる
21の国や地域に設立したおよそ21万4000社の法人の情報が
閲覧出来るようになった。

ICIJ=国際調査報道ジャーナリスト連合は、日本時間の
10日午前3時過ぎ、パナマ文書に記載されていた法人や
個人の名前をホームページで公表した。

パナマ文書に記載の日本企業・日本人

パナマ文書に記載されてた日本人・日本企業リストが明らかに、
法律的に問題なくても、租税回避が目的はミエミエでしょ!

以下はそのごく一部!

スポンサードリンク

創価学会
加藤康子(東京個別指導学院)
上島豪太(UCC)
三木谷浩史(楽天)★
柳井正(ユニクロ)★
安田隆夫(ドン・キホーテ)
福武総一郎(ベネッセ)
岡田和生(ユニバーサルエンターテインメント)
三菱★、三井★
住友★、ソフトバンク
電通★、イオン
東京電力、丸紅★
伊藤忠商事★、双日
豊田通商、ロッテ
原田泳幸(ベネッセ・日本マクドナルド)
日産、富士電機
重田康光(光通信)
日本経済新聞
バンダイナムコ、コナミ
セコム★、オリックス★
野村證券★、大和証券★
ライブドア、JAL★
ダイキン、タニタ
マルハニチロ、NTTドコモ★
和民、サントリー
ソニー、株式会社やずや
サトウテック

参考:★は2013年オフショアリークスにも該当

まとめ

実際はこれだけの企業が公表されたにもかかわらず
メディアの扱いは僅か。

どうせ、バレてもそのうちに有耶無耶にされてオシマイ。
法的に問題無いんだから騒ぐのはオカシイんでしょう

なんてことで、そのうち忘れてくれるだろうなんて
思ったら大間違い。

報道は報道でしっかり内容を伝えてくれなければ。

特に利益や資金の流れです。

我々は知る権利がありますから..

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

生涯現役・万年青年の私がブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまでの情報を発信していきます。 その過程として日々の気になる情報を発信していきます。