バトミントン田児を解雇!桃田は出勤停止!五輪絶望か?

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

違法カジノ問題で揺れるバトミントン界ですが

騒動の火付け役のお二人

田児賢一(26)と桃田賢斗(21)の処分が決まったようですね。

2人の所属先のNTT東日本によりますと

田児賢一を解雇。

桃田賢斗を出勤停止30日とした。

他にも賭博行為をしていた同社バトミントン部の0B2人

を含む6選手については厳重注意とした。

そして同社のバトミントン部は半年間の体外活動休止…

賭博行為をしていたのは2人だけではなかったんですね。

日本バトミントン協会の処分は

なんせ今回の処分はバトミントン協会では始めての

ことで、2人の処分についても悩んだことでしょう。

処分は6段階に分けられます..

注意、除名、解任、競技会への出場停止、登録抹消、賠償です。

日本バトミントン協会が下した2人の処分。

田児選手は無期限の協会登録抹消。

ということは選手活動終了となりますね。

一方の桃田選手は、無期限の出場停止処分。

ということは、リオデジャネイロ・オリンピックには

出場が出来なくなったわけですね。

最有力メダル候補でもあったので本当に残念です。

スポンサードリンク

まとめ

今回の処分が妥当かどうかは、判断出来ませんが

もとより、スポーツ選手が清廉潔白だとは限らないわけです。

諸外国ではスポーツは賭けの対象になっているし。

プロ野球界然り、柔道会然り….

洗えば、もっともっと業界を揺るがすような

問題が出てくるかもしれませんし。

桃田選手に関して言えば、リオを当然目指していたわけですから

本人は反省しきりでしょう。

彼らがしてきたことは、当然に褒められたことではありませんが

オリンピック組織委員会が裏でやってることに比べれば

屁みたいなもんでしょ。

更に言えば、政治家や芸能界だって良からぬ連中と

つながってるのは事実だし。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 08.08

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

生涯現役・万年青年の私がブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまでの情報を発信していきます。 その過程として日々の気になる情報を発信していきます。