ドナルド・トランプ氏、米国大統領に就任可能性大!!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

いよいよ本選挙に突入のアメリカ大統領選挙ですが
下馬評を覆し、不動産王のドナルド・トランプ氏の
大統領就任が現実味を帯びてきました。

すでに、共和党の大統領候補に選ばれることが事実上確定。

いままで、支持率絵はトップでありながらも、「まさか」
本当に選ばれる訳が無いというのが主要メディアの見方
でしたが、最後まで残っていたテッド・クルーズ上院議員
ジョン・ケーシックオハイオ州知事が撤退を表明したため
トランプ氏一人となり指名が確定した。

一方の民主党はヒラリー・クリントン前国務長官候補が選ばれる
と見られ、次期大統領はこの二人に絞られてきました。

トランプ氏の公約

ここへきて、ヒラリー・クリントンのメール問題が浮上。
私用メールアドレスを公務に使っていた問題ですが、
先日ヒラリー氏の側近がFBIから事情聴取を受けている
ことから大統領選に不利に働く影響は免れませんね。

もし、仮にトランプ氏が大統領になった場合、日本に
どのような影響を与えるのか考えてみましょう。

トランプ氏の公約とは。

『強いアメリカを取り戻す!』ということ。

そのための公約は..

・米中貿易の改革

中国の人民元切り下げをやめさせ、環境基準や労働環境を
改善。知的財産保護やハッキングの対して激しく対処。
「中国はアメリカの雇用と金を掠め取っている」と
発言。

・退役軍人省の改革

退役軍人省の首脳部を総入れ替えし、退役軍人の医療制度を
改革する。
具体的には退役軍人の病院での待ち時間を減らせる仕組みを
変え、増加する女性退役軍人の医療充実のため、女性医療の
専門医師を増やす。オバマケアは大失敗だとし、自由市場原理
で動く医療保険計画を提案。

・税制改革

年収2万5000ドル(約300万円)未満の所得税を免除。
法人税率を15%引き下げ、多国籍企業が海外に滞留
した所得は税率10%で国内に還流させることが出来る
ようにする。
最低賃金の引き上げには反対し、労働コストの低い海外に
移転した製造業の雇用を米国に戻すべきとしている。

・武器の所有権利

銃規制強化に反対し、銃購入時の身元調査の範囲拡大
にも反対。
銃乱射事件減少のために精神医療に投資すべき。

・移民の改革

オバマ政権が大統領令で導入した移民制度改革を撤廃、
数百万人に上る不法移民を強制送還。
スリム系米国人のデータベースを強化し、モスクを監視
すべき。米国とメキシコの間に大きな壁を建てる。

そして我が国には、日米安保条約、貿易について言及。

日米安保条約については、米軍基地の全額負担をしなけれ
ば撤退すると言っている。

トランプ大統領の日本への影響とは?

トランプ氏といえば、歯に衣着せぬ物言いがニュースで
取り上げられています。

スポンサードリンク

その発言が過激さ故に『危険な考え方』として各方面から
避難が高まっています。

そして我が国日本への影響として、
「日本や韓国への防衛負担を重くする」
というのがあります。

すでに、トランプ氏はCNNのインタビューで次のように発言
しています。

『日本や韓国は米軍の駐留経費を全額負担すべきだ。
断れば米軍が撤退するまで。
隣の国(北挑戦)のことを考えれば、これが何を意味
するのかわかるだろう』

日本米軍の駐留経費の全額負担。

現在日本が払っている『思いやり予算』は年間1900億円。
逆にアメリカが在日米軍への支払は年間55億ドル(約5830億円)

今までの予算プラス3倍の額を要求されています。

トランプ氏の考え方をまとめると

・日本が危険なときは米国は力をかすが、その逆が期待
出来ないのはオカシイ

・米国がこれ以上、日本や韓国を守るメリットがない

・日本は核武装するなりして自分の身を守れ

さらには、日本との貿易は不平等とも。

いずれにしろ、防衛予算の増大は免れそうにありません。

それだけで終わればいいですが….

まとめ

トランプ氏がこれだけ人気があるということは、
いまのアメリカ国民が規制政権に対して行き詰まりや
反感を持っていることの証。

トランプ氏はこういった国民の感情の時流にうまく
乗って多くの支持者を集めているのですが、これは
トランプ氏が実業家として成功したことが後押しして
いるといえます。

さらに、政治家にありがちな経済的援助を自分で賄う
ことが出来るのも今までの他の候補者と違うところ。

そして、スピーチと国民を煽るパフォーマンスも多くの
支持者を集めている原因です。

政治家としての度量があるかないかは未知数として、
これだけの支持者を集められるのは、頭の良さと
頭脳が長けている能力のある人間といえます。

仮に大統領になったとしても、かっての某国の出来もしない
公約で民衆を煽りまくっていた党とおなじ結果だけは
踏まないでと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

生涯現役・万年青年の私がブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまでの情報を発信していきます。 その過程として日々の気になる情報を発信していきます。