はんにゃが見た地獄とは・・・・?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

「はんにゃ」といえば、川島章良(34)と金田哲(30)がコンビを組む
お笑い芸人

しばらくテレビで見かけないと思ってたら
『しくじり先生 俺みたいになるな!!』2時間スペシャル
に登場。

かつては”ズクダンズンブングンゲーム”ネタで女子中高生中心に
大ブレイク。

当時「好きなお笑い芸人ランキング」で1位を獲得し
連続ドラマにも出演していたはんにゃ。

しかし、ブームは長くは続かなかった。
キー局のレギュラー番組はすべて終了。

はんにゃのしくじりとは?

一言で言えば「実力不足」「大学生レベル」だったと。

人気がでたのは、たまたま時代のタイミングと
かち合った為に人気者になったと…

これはブレイク芸人すべてに言えることだが
一発屋って大体半年から1年以内に消えるのが運命。

はんにゃの場合のしくじりの原因は「実力不足」以外にも
あったという。

それは、金田の「遅刻グセ」!

芸人に限らず社会人としても「遅刻」は一般常識と
してマナー違反ですから。

実力云々以前の問題ですね。

はんにゃが見たさらなる地獄

そして、衝撃的な事実が判明。

なんと相方の川島(34)が腎臓がんを患っていたのだ。

2014年11月の健康診断で初期の腎臓がんであることが判明。

当時川島には結婚を前提とした9歳年下の女性がいた。

その当時を振り返り、川島はパニックになったと。

金田も「頭が真っ白になって、何も川島に言ってあげられ
なかった」と

スポンサードリンク

手術後の経過は今のところ良好という。

医師から「5年経過して何もなければ卒業」といわれているといい。

半年に1回のペースで定期健診を受けている。

手術後に2人は結婚し、第1子となる長女が誕生している。

この病気がなかったら、はんにゃは解散してたという。

だが、川島の病気をきっかけに、コンビ解散の危機を
乗り越えたという。

金田は「最初にコンビを組んだ時の気持ちを思い出した」

といい、改めて2人で活動していくことを決意したという。

まとめ

小島よしおもそうですが

子ども人気でブレイクした芸人は皆長続きしません。

そこから、如何にして人気を継続させるかは

本人の努力以外にはない気がします。

一言で言えば、芸を磨くということ。

そして、大事なのは「フリートーク」が出来るかどうか。

「たけし」にしろ「さんま」にしろ一流といわれる人は
「フリートーク」にたけていますから。

はんにゃもしくじり先生への出演をきっかけに

頑張って欲しいものです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

生涯現役・万年青年の私がブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまでの情報を発信していきます。 その過程として日々の気になる情報を発信していきます。