Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kingston50/infosyuchan.com/public_html/wp-content/plugins/similar-posts/similar-posts.php on line 557

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kingston50/infosyuchan.com/public_html/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
いっこく堂!意識不明の重体か?病名は? | ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

いっこく堂!意識不明の重体か?病名は?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

腹話術師のいっこく堂(52)が、夜中に倒れ緊急搬送!

いっこく堂といえば我が国のみならず
世界的にも有名な腹話術師です。

腹話術師になる前はモノモネタレントでした!

あのずらしのテクニックで一躍有名になったいっこく堂さんですが
歯が1本抜けてるために、口をまったく動かさずに破裂音を
出すことができるのだとか。

これはとても高度なテクニックのようで、いっこく堂さん以外
国内でできる人は皆無だそうです。

そして、英語も堪能だそうで確かラスベガスでも公演を行い
絶賛されたそうです。

従来の腹話術の常識を打ち破った多彩な腹話術を
巧みに操り、テレビでも大活躍。

さてそんな多芸ぶりを発揮してるいっこく堂さんですが
20日深夜意識を失って自宅の廊下で倒れているところを
家族に発見され、病院へ搬送されたという。

ただ、この時は顔面の痛みはあったものの、頭部CTと血液検査の結果
異常が見当たらなかったので一旦帰宅。

22日に仕事へ向かう途中に頭痛・吐き気、寒気の症状が
あったため再度病院で検査した結果、
少量の脳内出血があったため入院したという。

同日夕方、自身のブログ「ドゥーチュイムニイ」のなかで
以下のように報告しています。

2016-03-22 16:27:10

すみません。

昨日夜中、意識なく倒れ

顔面を強打し

救急搬送されました。

今、吐き気あるので、また報告します。


気になる病名ですが「クモ膜下出血」「両側前頭葉脳挫傷」のようです。
また転倒した際に顔面を強打したため、「左眼窩~副鼻腔骨折」と
「左頬骨弓骨折」にもなっていたという。

命に別状はないという。

スポンサードリンク

このニュースを受けてネット上では「びっくりした」「とても心配」
「大丈夫かな」といった声や「年齢にビックリした」
「もっと若いと思っていた」「もう52歳なんだ」という声も聞かれた。

始めてテレビで見た時からその芸風には感心していましたが
正直私も年齢を聞いてちょっとビックリ。

もう52歳なんですね。
見た目はもう少し若い感じだったんですけど。

そこでいっこく堂さんの簡単なプロフィールをご紹介

本名:玉城一石(たまきいっこく)

生年月日:1963年5月27日(52歳)

出身地:沖縄

身長:175cm

血液型:A型

体重:63kg

家族:妻、娘

趣味:映画鑑賞 ジョギング

ブログ:いっこく堂オフィシャルホームページ

最近では
いっこく堂さんは3月15日放送の「マツコの知らない世界」に出演した。

ところで気になる復帰時期ですが、大事に至らなければ
そんなに長い休養ではないのでは?
自身のブログでは入院は1週間ぐらいの予定としてます。

以前から「尿管結石」やら「神経調節性失神」などで体の不調は
ニュースなどで見聞きしていましたが、
ハードスケジュールも原因かも知れませんね。

確か尿管結石のときも緊急搬送されていますね
(2014年1月)

ここは大事をとってゆっくり体調を整えてから復帰して頂きたいですね。
なんせ、彼の右に出る腹話術師はいませんから。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまで

生涯現役・万年青年の私がブログで稼いで経済的な自由を手に入れるまでの情報を発信していきます。 その過程として日々の気になる情報を発信していきます。